トップ 製品 サービス 技術資料 アプリケーション カタログ お問い合わせ
WWW を検索 サイト内検索

分光器
センサー
ソフトウェア
サンプリングアクセサリ
光源
光ファイバ
プローブ
スタンダード
教育機関向け
OEMソリューション

LIBS2500plus Laser-induced Breakdown Spectrometer Measurement Systems

LIBS2500plus レーザー誘発ブレイクダウン分光器システムLIBS2500plusレーザー誘発ブレイクダウン分光器測定システムは、固体、液体、およびガス中の元素のリアルタイムの定性測定を可能にする検出システムです。これらブロードバンドで高分解能なシステムは、~0.1nm (FWHM)の分解能で200-980nm(システムに依存)の範囲の全域のスペクトル分析を提供します。

LIBS2500plusは、オーシャンオプティクスの前身のLIBS提供品からの非常に改善されたシステムです。アドバンテージは下記を含みます:

  • 小さな設置面積
  • 内部ファイバの排除のため向上したシステム感度
  • 完全に封じ込めた -- 外側から接触できない -- システム
  • より小さいSMA BNCタイプコネクタ
  • HR2000+光学ベンチおよび電子回路を使用
  • 遅延ジェネレータのような外部トリガリングオプションで使用するための多くの機能性

特徴

  • ブロードバンド、高分解能スペクトル分析 (0.1 nm分解能で200-980 nm)
  • 単一クロックからの全チャンネル操作 (~20 n秒ジッタ)
  • リアルタイム定性測定
  • ppb(10億分の1)およびピコグラムレベルの感度が可能
  • 材料分析、環境モニタリング、科学捜査と生医学の研究、芸術修復などを含むアプリケーション

LIBS2500plusシステムの動作方法

高出力のパルスレーザビームは、サンプルから計器まで数cmに置かれたサンプルのエリアにフォーカスされます。シングル10n秒幅のレーザーパルスはサンプルを励起させるのに必要なすべてです。レーザーが放たれる際、レーザーの高温がプラズマを生成します。プラズマが減衰する、または冷える(レーザーパルスの〜10μ秒後)につれ、プラズマ内の励起された原子は、元素毎に異なる特性波長の光を放射します。全ての元素は、200-980nmの範囲に放射します。検出システムは、オーシャンオプティクスのHR2000+高分解能小型ファイバ光学分光器を最高7台使用しており、各分光器には2048素子リニアCCDアレイが搭載されています。全ての分光器は同時にデータを取得、読み出すためにトリガをかけられます。ブロードバンド(200-980nm)LIBS2500plusのディテクタは、信号を収集します; システムに付属するソフトウェアはデータを表示します。

オーシャンオプティクスのLIBSを用いたArmy Research Labのビデオをご覧下さい

LIBSシステムの詳細は、SPIEのDefense Security Symposiumで公開されている2004特集記事をご覧下さい。

同様にAndrzej Miziolekによって編集され、Cambridgeによって出版されたLaser Induced Breakdown Spectroscopyをクリックして下さい。書籍は、"その分野で認められた先導者によって書かれたLIBS現象の基礎、歴史、および魅力的なアプリケーションを18章全体で説明している最初の内包的リファレンス"としてに解説されています。

ブロードバンドLIBSテクノロジーのアドバンテージ

従来のLIBS検出システムのほとんどは、狭いスペクトル範囲しかサポートされていません。LIBS2500plusシステムは、ブロードバンド分光分析を提供します。システムが拡張しないので、敵対的な工業、化学、およびバイオケミカル環境--ほとんどサンプル調整のない環境--の中で、その場のリアルタイム測定が行えます。LIBS2500plusがオーシャンオプティクスのHR2000+高分解能小型ファイバ光学分光器を利用しているので、検出システムは携帯型で、USBポートを介してノートPCへの接続が可能です。

アプリケーション

LIBS技術は、様々なアプリケーションのために有効です:

  • 環境モニタリング (土壌汚染、微粒子)

  • 材料分析 (金属、プラスチック

  • 調査法と生医学的な研究 (歯、骨)

  • 軍事と安全面の必要性 (爆発性の粒子、化学的/生物学的闘争試薬)

  • 芸術の復元/保存 (色素、高価な/古代の金属)

LIBS2500plusに必要とされるレーザー

オーシャンオプティクスは、LIBS2500plus用の光源としてレーザー業界のリーダーであるBig Sky Laser Technologies社から2種類のレーザーパワーオプションを提供します。レーザーアブレーションとプラズマ構造は、サンプル基材に非常に特有であり、それゆえに電源要求はサンプルによってタイプを変更するでしょう。レーザーパワーと波長の選択は、分析される材料とサンプルの許容できるダメージスレッシュホールドに依存します。LIBS-LASERは、金属と薄膜サンプル用の50mJのCFR Nd:YAGレーザーです。LIBS-LAS200MJは、ガラスとHigh OH含有材料用の200mJのCFR Nd:YAGレーザーです。液体サンプル用は、サンプルの高い水素化処理含有が最初のプラズマ形成を失わせる傾向があるのでデュアルレーザーセットアップについてお問い合わせ下さい; 第2のレーザーは、最初のレーザーイベントによって構築される真空でプラズマを始めるために必要です。

更なる特徴

LIBS2500plusはポータブルで任意の32ビットUSB互換Windows PCで動作します。システムは、完単位プラグアンドプレイで使用するためにPCとUSBポートを介して接続します。オーシャンオプティクスは、LIBS2500plusを操作し、レーザーを発射するためのOOILIBSアプリケーションソフトウェアを提供します。OOILIBSソフトウェアによりスペクトル保存およびデータロギングの機能がご使用いただけます。相関ソフトウェアは、LIBS2500plusと使用する際瞬時の材料識別が可能です。

LIBS-SC サンプルチャンバ

LIBS-SCサンプルチャンバは、LIBSシステムの主要な構成部品であり、様々な機能を安全にそしてサンプルのクリアな調査で実行するように設計されています。LIBS-SCは目を保護する安全な筐体になっています。チャンバは安全連動装置を持っているので、レーザーはドアが開いているときは発射されません。チャンバは手動制御x-yステージを収容し、オプションのLIBS-IM-USBイメージングモジュール用の照明を提供します。LIBS-SCは、微粒子を取り除くための不活性ガス誘発ポートと吸入ノズルを持っています。さらに、レーザーを40μmのスポットサイズにフォーカスする機能があります。サンプルチャンバは、オーシャンオプティクスで再販しているBig Skyのレーザーと使用するために設計されています。LIBS-SCを別のレーザーと使用されたい場合は、弊社担当にご相談下さい。

LIBS イメージングモジュール

LIBS-IM-USBイメージングモジュールは、直接LIBS-SCサンプルチャンバに取り付け、サンプルイメージを拡大し、サンプル上に正確にレーザーアブレーションのターゲットを確立する事ができます。イメージングモジュールは、討論学、半導体分析、植物学、生医学的分析、宝石学および冶金学を含む様々なアプリケーション分野によく適しています。

イメージングモジュールは、PCによって電源供給され、外部電源を必要としません; 外部電源はノートパソコンでモジュールを使用する際に必要です。パワーケーブルは、各モジュールに付属しています。

HR2000+のLISB 1chシステムへのアップグレード

現在お持ちのHR2000+分光器は、LIBS2500plusコントローラと下記装置を備えた1chのLIBSシステム(LIBS2500-1PLUS)に変更する事ができます:

  • LIBS サンプルチャンバ (LIBS-SC)
  • LIBS レーザー (200mJまたは50 mJ)
  • LIBS イメージングモジュール (LIBS-IM-USB)
  • LIBS コントローラケーブル

HR2000+分光器からLIBS2500-1PLUSシステムへのアップグレードに関しては弊社担当にお問い合わせ下さい。

ご注文情報

LIBS2500plusシステムのご注文は簡単であり、ユーザが必要とすべきものだけをご注文いただけるように最大の柔軟性をご提供するために設計されています。アプリケーションに必要な波長範囲に基づいてLIBS2500plus-Xシステムをお選び下さい。LIBS2500plusシステムに含めるため、分光器チャンネル(LIBS-CH-X)をお選び下さい。また、ご注文のチャンネル数に相当するファイババンドルをご指定下さい。そして追加アクセサリをお選び下さい。

インストサポート(有償)ご利用可能です。詳しくは弊社担当にお問い合わせ下さい。

LIBSシステム

アイテム 説明 ファイババンドル
LIBS2500-7PLUS 7チャンネル分光器システム、チャンネルA-G LIBS-BUN-7
LIBS2500-6PLUS 6チャンネル分光器システム、チャンネルA-Gより6チャンネル選択 LIBS-BUN-6
LIBS2500-5PLUS 5チャンネル分光器システム、チャンネルA-Gより5チャンネル選択 LIBS-BUN-5
LIBS2500-4PLUS 4チャンネル分光器システム、チャンネルA-Gより4チャンネル選択 LIBS-BUN-4
LIBS2500-3PLUS 3チャンネル分光器システム、チャンネルA-Gより3チャンネル選択 LIBS-BUN-3
LIBS2500-2PLUS 2チャンネル分光器システム、チャンネルA-Gより2チャンネル選択 BIF600-UV-VIS
LIBS2500-1PLUS 1チャンネル分光器システム、チャンネルA-Gより1チャンネル選択 P600-2-UV-VIS
LIBS2500-1+UPG 1チャンネルHR2000+アップグレード LIBSコントローラケーブル

LIBS 分光器チャンネル

チャネルは、連続的である必要はありません。

LIBS-CH-A 波長範囲 200-305 nm
LIBS-CH-B 波長範囲 295-400 nm
LIBS-CH-C 波長範囲 390-525 nm
LIBS-CH-D 波長範囲 520-635 nm
LIBS-CH-E 波長範囲 625-735 nm
LIBS-CH-F 波長範囲 725-820 nm
LIBS-CH-G 波長範囲 800-980 nm

更なるLIBSコンポーネント

LIBS-LAS200ICE-450-20HZ LIBS 200 mJ ウルトラレーザー
LIBS-LASER LIBS レーザー、50 mJ ウルトラレーザー ul130c11、20Hz
LIBS-LASER-N LIBS 90 mJ レーザー
LIBS-SC LIBS サンプルチャンバ
OOILIBSPLUS LIBS オペレーティングソフトウェア
LIBS-IM-USB アドオンイメージングモジュール

LIBSアップグレード

LIBS-UPGD LIBSアプリケーション用HR2000+アップグレード

LIBSインストレーション

LIBS-INSTALL-I LIBSインストレーション

仕様

LIBSシステム仕様
分光器範囲: 200-980 nm
分解能: 0.1 nm (FWHM)
検出: 組み合わされた14,336ピクセルのCCD
フレーム速度: 500 Hzの性能、コンピュータ制御
露光時間: 1m 秒; フリーランモードで可変
トリガ遅延: 500 n秒ステップで-121 μ秒 - +135 μ秒、ユーザ構成
トリガジッタ: ~20 n秒
トリガレベル: 5.5 Vを上回らないTTL
コンピュータ接続 USB 1.1 または USB 2.0
オペレーティングソフトウェア: Windows 98/Me/2000/XP
ソフトウェア: OOILIBSPLUSまたはOOILIBS-DLL
電力要求: 5 V @ <1 A、電源付属
入力光ファイバ: 7本のファイバを含んでいるサンプリングプローブ、2m長(他の長さもご利用可能)、74-UVコリメーティングレンズおよびサンプリングレンズ付き
サイズ: 334 mm x 150 mm x 140 mm (分光器システムのみ)
重量: 6.36 kg

更なるLIBS


オーシャンオプティクス
製品に関するお問い
合わせはこちら

 

LIBSを用いた
ARLのビデオを
ご覧下さい

 

Big Sky Laser Technologiesの
ウルトラCFRレーザー
の更なる情報

 

Andrzej Miziolek
編集の新しい参照
文献でLIBSをさらに
知って下さい

.

トップページ 製品 サービス 技術資料 アプリケーション カタログ お問い合わせ
      
.
Copyright (C) 2005 OptoSirius Corporation. All Rights Reserved
TEL:03-5963-6377 / Fax:03-5963-6388 / Email:spe@optosirius.co.jp